人は様々な事情で、時に自分の仕事以外にアルバイトをしなければいけない状況になりますが、正直、キツイことばかり。

憧れていたカフェでアルバイトをしています。
憧れていたカフェでアルバイトをしています。

50になってからのアルバイトはぶっちゃけキツイ

ひと月ほど前、自分は地域に新規にオープンするスーパーマーケットの、アルバイトの面接を受け、採用して戴きました。自分に与えられた仕事は、早朝の商品の入荷のチェックや、商品陳列などの仕事で、つい先日、オープンの日を迎えました。採用決定の後、別の店舗で研修を行ったのですが、久々とは云え、自分の物覚えの悪さに愕然としてしまいました。既に50歳になっていますから、仕方ないとは言え、身体と頭がイメージ通りに動かないと云うのは辛いものです。

しかも、要領が悪い―。その仕事の本質がまだ分かっていないので、言われるままをするのにも、無駄な動きが多すぎる。自分にイライラしてしまいました。現在、フリーランスの仕事だけでは、なかなか収入が足りず、生活していく為には、本業の稼ぎのみでは追いつかないので始めたアルバイト。部門のチーフも自分より年下なので、気遣いが却って、しんどくなってしまうのです。贅沢ですよね。こういうのを、逆に楽しむのも要領なのですが、生き方が要領悪いのかもしれません。

オープン直後は凄い忙しさで、ついていくのが精一杯な感じでした。まだまだ、追いついてもいませんが、部門のスタッフは、チーフ以外、皆、同じ条件で素人ばかりですから、いい意味で割り切って、「辛い」を、引き摺る事が無い様に、このアルバイトを頑張っていきたいと思っています。
Copyright (C)2017憧れていたカフェでアルバイトをしています。.All rights reserved.