アルバイトは就職活動の一環で行われることもあって、経験はあって困るといったことはないということを覚えておく

憧れていたカフェでアルバイトをしています。
憧れていたカフェでアルバイトをしています。

アルバイトの経験は役立ってくれる

大学生の中には就職活動の一環としてアルバイトをしている方もいます。確かに面接時にアルバイト経験があると自己PRのきっかけになります。その一方、アルバイト経験は社会経験としては評価しない企業もあり、実際アルバイト経験はあったほうがいいのか、なくてもいいのかは大学生には難しい問題です。そして、アルバイト経験は少なくてもあって困るといったことはありません。アルバイトは社会経験とは言えなくてもそれでも当人にとって成長したと思えるような場面があれば貴重な経験でしょう。

そして経験がアルバイトであってもサークル活動でも学業でもそれについて真剣に向き合ってきた経験があれば、同じように自己PRのきっかけになります。そしてアルバイト経験で自己PRをするとき自分が得てきたと思っている経験と、企業側が社会経験で求めている経験にギャップがあることは覚えておきましょう。そして、アルバイトを通してどうお仕事に向き合ってきたかということに対して企業は関心があり、アルバイト経験に関して仕事ぶりに対してどれだけのことをしてきたかアピールするより、素直に感心したことを話した方が好感をもたれることが多くなっています。から覚えておきましょう。
Copyright (C)2017憧れていたカフェでアルバイトをしています。.All rights reserved.